MG ヘイズル改 製作 7

頭部の塗装とスミ入れをして組み立てました。あとは適当なデカールがあれば貼って、つや消しクリアを吹きます。

MGヘイズル改 ガンダムヘッド 右前方

右前方です。スミ入れはフラットアース、側面のインテーク(ダクト?)はなんとなく塗り潰しませんでした。


MGヘイズル改 ガンダムヘッド 正面

正面です。前回、目の部分のマスキングを失敗したので削り取って、筆で白サフ、パールシルバー、蛍光イエローグリーンと塗り重ねました。実は「ドボン」というのをやったことがないのです。ひどい失敗ならパーツ請求で対応してたかなあ…。


MGヘイズル改 ガンダムヘッド 正面俯き

正面やや俯きです。胴体が完成して載せたらこういう感じが正位置になって写真には目が写らない場合が多いんじゃないかなと思います。


MGヘイズル改 ガンダムヘッド 左後方

左後方です。写真でちょっと組み立てが甘くてセンサー面がズレてるのがわかったので直せたらいいなと思います。


MGヘイズル改 ガンダムヘッド 右前方アオリ

右前方ややアオリです。目の光り方がザラザラになってしまいました…。


MGヘイズル改 ガンダムヘッド トサカのメインカメラセンサー部

トサカのメインカメラのセンサー面に黄色いバー(1.2mm径のプラ丸棒)を貼っているところです。セメダイン ハイグレード 模型用 という水性のクリアな接着剤で貼っています。上掲の写真で一部はみ出ているのがわかったので水ないしはエナメルシンナーで拭き取ろうと思います。

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

MG ヘイズル改 製作 6

頭部パーツを全部バラしてグレーのサーフェイサーを若干厚めに吹いて、モールドを少し彫り込んで全体的にペーパーかけてグレーサフをだいたい削り落としました(あんまりシャープにはならなかった…)。トサカやアゴなど一部クリアランスがギリギリなところは、受け側のサフがかかった部分を削り込み難くてギチギチになったりしてかなり困りました。

MGヘイズル改 頭部塗装中

もっかい洗って塗装しているところです。塗膜分でギチギチなところがハマらないと困るのでだいたい組んで、ざっとホワイトサフを吹きました(ヤバイ、目視では真っ白に見えたけど写真ではまだらになってます…)。関節軸とかならマスキングテープをくるっと巻いたらいいのですがここのマスキングはめんどくさそうだったので。

白いところは混色した指定色(ホワイト+明灰白色)で塗るのですが、他の白いところと一緒に吹かないと微妙に色味が変わってきてしまうかなあと思ってまだ塗っていません。組んだままホワイトサフを吹いてしまってちゃんとうまくバラせるかよくわかりませんが、大丈夫なようでしたら組んだまま塗ると思います。

トサカのセンサー面のクリアパーツは同様にホワイトサフ、パールシルバー、蛍光イエローグリーン(クリアカラー)をキャンディー?的に吹き重ねてちょっとキラキラにしました。

トサカの黄色いバーは前回の写真では少し長めに切った5本をマスキングテープに貼って塗る感じでしたが、適当な長さの1本のプラ丸棒(1.2mm径)に指定色の調色したイエローで塗りました(サフ無し)。ついでなのでホワイトサフを吹いた V字状ブレードアンテナも同イエローで塗りました。

トサカの黄色いバーは水性クリアボンドで蛍光イエローグリーンで塗ったセンサー面に貼り付けていく予定でしたが、つや消しクリアを先にコートしておかないと困る(センサー面は光沢のままにしたいので)手順なのにフラットクリアの手元の在庫がなかったのでポチっておきました。

あまり考えておかなかったのですが、ガンダムヘッド特有の黒いインテーク?は黒系で塗るのかな。どうしよ。




[ 2/16 追記 ]

ちょっと頭部の塗装を進めました。

MGヘイズル改 頭部塗装中 塗り分け

右側、トサカの黄色いバー用のプラ丸棒(1.2mm径)につや消しクリアを吹きました(写真は一部ピンがきてないですが…)。前はガイアカラー Ex-04 フラットクリアーだけだったのですが今回 urahana3(裏花さん)のブログ の『制作方法~塗装編2』で紹介されていたつや消しトップコートを真似させていただきました。こういうときのコツはいきなり自分なりのアレンジを加えずレシピに忠実にやることだと思います(さすがに茶色の瓶の高そうなシンナーは使ってないですけれどもそこまでの指定はありませんでしたので…)。アレンジするのは(いつになるかわからないけど)次回作でいいと思います。まあ造形や彩色は一切アレンジ無しの丸パクリは俺には無理だし、つまらないというか如何なものかとは思いますが…。
中央はアゴの指定色通りのモンザレッド、左側はガンダムフェイスのツインアイのパールシルバーの上から蛍光イエローグリーンです。


MGヘイズル改 頭部塗装中 白いところ

指定色のホワイト(ホワイト+明灰白色)を吹きました。ある程度組んで塗るとか書きましたが、なんとなくバラして塗りました。4.5倍くらいのシャバシャバの希釈でぐるぐる回して薄い塗膜になったらいいなあと思っていたのですが、調色して丸3ヶ月間放置してたので原液が揮発してたみたいで吹き過ぎになってしまった感じかもです。ガンダムヘッドの側面の黒いインテーク(ダクト?)部分の枠を彫っていたのですが埋まってしまったかな。あと、ガンダムフェイスの目の部分のマスキングは失敗しました。テープの重なったところをマスキングゾルで目止めしておけばよかったです。まあ自己満の遊びでやっているのでまた暇をみてリカバリーを楽しめばいいのですが、これが期限のある仕事だったらショックだろうなと思ったりしました。

スミ入れは参考にした AOZ ムックの HGUC ヘイズル改の塗装ガイド記事みたいにエナメルカラーのフラットアースにするか、それともパープル系にするかどっちかかな。前作のメガ式でホワイト地にグレーを使ったら写真では真っ黒にしか見えなくてちょっと嫌だったので…。

ではまた。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1月到着分

1月到着分のアニメ BD です。

2018年1月到着分アニメBD

2017年春期(2017年度 第1四半期)アニメは、発売延期となっていた冴えカノ♭の第6巻と、レクリの第8巻で無事終了です。

2017年夏期(2017年度 第2四半期)アニメは NEW GAME!! 第5巻が届きました。

今月は3本と寂しいですが、2017年秋期(2017年度 第3四半期)アニメは先月に BD BOX で届いてたりしたのでこんなもんですかね。

今期、2018年冬期(2017年度 第4四半期)アニメは今のところ俺的にはかなり豊作だと思うので期待しています。


左上のカメラレンズ(TAMRON 10-24mm f/3.5-4.5 DiII VC HLD Model B023)に付けているのは、Commlite CM-LF レンズホルダー(クイックダブルレンズチェンジャー式) です。交換レンズをこの黒い円柱にマウントして付属ストラップでバッグと同様にたすきがけで携行し、レンズ交換時には、カメラにマウントしているレンズを外してレンズホルダーの反対側にマウントし、交換するレンズを外してカメラにマウントします。今月届いたばかりなので実戦ではまだ使っていませんが。




MG ヘイズル改の製作は、ホコリがつもってた作業机まわりの掃除と、頭部パーツの洗浄が終わりました。これから捨てサフ吹いてペーパーがけしていきます。

ではまた。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

MG ヘイズル改 製作 5

前回のヘイズル改のガンダムヘッド、トサカの横バー5本をカットしたところです。

MGヘイズル改 頭部トサカの横棒をカット

トサカ両サイドの上面の面取りが公式画稿にはなく尖ってたのでヤスって消します。これもいわゆるバンダイエッジっていうのかなあ。

その他、水洗いして捨てサフを吹く前になんとなく削ったり加工したりしました。パーツを洗っても机とか机の上にある工具や塗料瓶もホコリをかぶっているのでそれらを掃除するのがもっとも気が重いところです。



MGヘイズル改 頭部左前方

・ トサカ両サイドの上面の面取りをヤスって消しました。

・ 片側5箇所の丸リベット風モールドを、他のモールド箇所と同様に、0.6mm 径ピンバイスで開孔して 1.0mm 径ピンバイスで軽く掘って二段階の穴にしたところに 0.5mm 径のプラ丸棒を挿し込んで裏側で接着してニッパーで両側を切り落としてヤスリました。

・ トサカのセンサー面のクリアグリーンパーツの前面にある横バーの受けの凹みを削って平らにしました。その他のセンサー面も軽くヤスリを当てたら意外とうねってたのでヤスリました。クリアパーツだけど他の箇所のセンサー面にあわせて塗装します。

・ V 字状ブレードアンテナを裏側から削り込んでみましたが尖りませんでした。

・ 今更だけどゲート処理、削り取ったり、もぎれたところは埋めたりしました。



MGヘイズル改 頭部右後方

上記ガンダムヘッドの右側後方です。



MGヘイズル改 頭部トサカバラシ

トサカをバラしたところです(額のブレードアンテナ基部パーツを外してるのは単に組み立て順です)。トサカ部分は先に5本の横バーを切り飛ばしているのでセンサー面のクリアグリーンのパーツを取り外しできます。一番手前のプラ丸棒は 1.2mm 径で、好みで元の横バーパーツ(1.5mm 径)よりちょっと細いやつに置き換えます。センサー面パーツを下地シルバーと蛍光イエローグリーン(ガイアの蛍光色はクリアカラーみたいなので)で塗装したら、横バー用プラ丸棒を指定色の黄色に塗って、水性クリア接着剤で(センサー面パーツのカドの受けに)並べて貼って、横にはみ出た分をニッパーで切り飛ばして軽くヤスって整えたらトサカ部分にハメて接着してできあがり、の予定です。

ではまた。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

MG ヘイズル改 製作 4

MG ヘイズル改、基本的に素組みでサクッと色替えを楽しむ予定で塗料の調合までやってたのですが、まるまる3ヶ月間机の上とかに放置しててホコリだらけになってしまいました。とりあえずパーツを水洗いする前に頭部を見ていて気になるところがあったので対応方法を考えてみました。

MGヘイズル改 パチ組み頭部アップ

MG ヘイズル改の最初の記事の写真のパチ組み頭部を拡大したところです。ヘイズル改の大きな特徴である頭部トサカのセンサー、キットではクリアグリーンのパーツでセンサー面を表現しているわけですが、一番前の横棒の位置が上の方にあって邪魔で(ツインアイは置いといて)前方が見え難いんじゃね?と思いました。実機的にメインカメラの写りが悪いという意味でもありますが、プラモ的に顔を正面から見たときに、ガンダム的に言うとチョンマゲの四角いメインカメラがなんか横棒で塞がって隠れている状態というか。あと黄色く塗ることを考えたらこの横棒はちょっと太すぎるのではないかなという印象です。ちなみにこの横棒をノギスで実測すると、直径が約 1.5mm、棒の長さ(=センサー面の幅)は約 3mm といったところでした。



『アドバンス・オブ・Z』設定資料集公式画稿より転載
公式絵

以前の製作記事で転載したのと同じ公式画稿です。そのときはフォールディンググリップのあたりのカタチの参考用として見ましたが、今回頭部トサカのメインカメラまわりということで見ると、一番前の黄色い横棒は、額の V 字ブレードアンテナ基部に埋もれている感じの位置にあることがわかります。とくにこの画稿通りの顔のバランスやディティールを再現するわけではないのですが、やっぱ顔を正面から見たら(両目が隠れることはままあるけれども)メインカメラがちゃんと見えてないと変な感じがします。あと、黒線で描かれた画稿とは比べづらいのですが、やはり横棒はもうちょい細くあって欲しい気がします。



HGUC ヘイズル改 組説掲載写真より転載
HGUCヘイズル改 組立説明書写真

参考までに HGUC ヘイズル改の参考用完成品写真を見てみると、んー、やはり一番前の黄色の横棒はブレードアンテナ基部に埋もれていて、メインカメラの前面は前から見たらちゃんと見えるようなカタチになっていると思いました。

というわけで、このトサカのセンサーの横棒の(一番前の)位置と太さを若干変えたいのですが、ちゃんと同じ位置にきっちり平行に5本並べて再現するというのは俺の工作精度からするとちょっと難しすぎるのではないかと思えます。でもまあ思い切って5本ともパッチンパッチン切り飛ばしてやりました。どうしよ・・・。


MGヘイズル改 頭部トサカの横棒をカット

5本ともカットしちゃったところです。まあトサカ両側の2枚の壁板の間に細くて短い棒を浮かせて渡して接着すると考えるから俺的には工作精度的に揃えるのが無理なのであって、このグリーンのクリアパーツの、ちょうど黄色い横棒がハマる位置に置いてからトサカにハメればいいのではないでしょうか。ちょうどレッドチップを貼る用にと紹介されていた水性の接着剤(セメダイン ハイグレード 模型用)で、黄色く塗った適当な長さのプラ棒を、クリアグリーンのパーツの折れ目の切り欠け部分に平行を心がけて付けていって、あとでプラ棒のはみ出たところをナイフなりでカットして微調整すればなんとかなるかもです。

心配なのは、ちょっと細め(1.0~1.2mmくらいかな)のプラ棒に置換するので、トサカの外側のリベット風の丸いモールドの位置と合うかどうかとか、前面は一番前の横棒の位置を下に下げるのでセンサー面をツライチに仕上げないといけないんだけど、まあ今回このクリアグリーンのパーツは他の場所のセンサー面と合わせるために塗装(シルバーの上にガイアカラーの蛍光イエローグリーン)しようと思うので、ヤスったあとプラペーパーを貼ってツライチにしようかといったところです。まあ言うだけならなんとでも言えるのでやってみないとわからないのですけど・・・。

あ、あとトサカの外側の丸リベット風モールドですが、横棒をカットしちゃうとは予定してなかったんで 0.6mm と 1.0mm の二段階穴をあけて 0.5mm プラ棒を差し込む方法はできないと思ってたけど、センサー面に付けた横棒の位置が定まったらその位置にその手のモールドを施すことは不可能ではなくなった気がします。なんかいろいろとサフってヤスって塗装してからでないとできない順序の加工になりますので、頭部だけ先に塗装して仕上げるという感じでいくかなと思います。こんだけ書いておいてどうなるかなあ。

ではまた。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イヴュマー

Author:イヴュマー
現状はガンプラ万年ビギナー。
目標は完成品を増やすことと、
脱ビギナーを果たすことです。
アニメ観たり軍艦を撮ったり、
楽しい誘惑は多いですけどね。

ブログ内フォトプレビュー
過去作品 スライドショー
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
記事一覧

記事タイトル一覧を表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
リンク
ノースペシメン (旧ホームページ)
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2プロフ