9月到着分

9月到着分のアニメ BD とかです。

2018年9月到着分アニメ Blu-ray/ Bluetooth ワイヤレスイヤホン

2018年春期(2018年度 第1四半期)アニメは、ヒナまつり 全6巻の第4巻が届きました。
2018年夏期(2018年度 第2四半期)アニメは、はねバド!全6巻の第1巻が届きました。あまりにアンチ様のお声が大きいので、原作漫画を電子書籍で既刊13巻まで読んでみて、原作既読組が文句を言うのはわかりましたが、戦闘妖精雪風とかプラネテスとかみたいにアニメと原作とは差異があるものとして両方楽しめないものなのかなあ、とは思いました。オーバーロードⅢは10月リリース開始予定です。他にも何かあるような気がしますが夏アニメについては未だに積んでるのが多いので…。

KITE UNCUT は、AT-X で放送された15禁編集版の A KITE INTERNATIONAL を観てからなんとなくポチりました。日本国内でリリースされたものはさほど描き込まれてもいない結合部に無駄にモザイクとかかけてたのかなあ、なんて思いました。

PASONOMI TWS-X9 と Akiki TWS-P10 というのはワイヤレスイヤホンです。使用感についてはもうちょっと使ってみてから書くかもしれません。





2018年秋期(2018年度 第3四半期)アニメ番組のチェック表です。
あくまで自分用に作ったメモなので日時等は信用しないでください。

2018年秋期(2018年度第3四半期)アニメチェックリスト

この表には記載してないけど録画するリピート番組もあるし、
録画はしないけどリアルタイムで観る予定の番組もあります。





前々回の記事でちょろっと書きましたが、ニコン D7500 を購入しました。カメラが変わったところでブログに掲載する写真画像だとか、フジプリで四切ワイド(B4相当)~ A3版にプリント発注してフレームに入れてひとり眺めてニヨニヨする程度ですので D5500 で撮ったものより優れた写真になるわけではないでしょう。全く同じ条件下の被写体を撮って等倍表示で並べて見比べたら違いはわかるのかもしれませんが…。実際、過去に 1インチコンデジのソニー DSC-RX100M2 で撮った写真を APS-C 一眼レフの D5500 で超えられたとは思わないです。でも D7500 になってファインダーの視認性や(サブコマンドダイヤルとか機能ボタンの数とか)インターフェイスは向上しますので、写真を撮ることがもっと楽しくなればいいなあと思っています。

ニューカメラ ニコン D7500

ネックストラップはわざわざ同梱品の黒地に黄色文字のとは色違いの灰色地のにしました。若干青みのグレーに白い文字が軍艦みたいで自己満ポイント高いのです(幅の広いストラップは軽量機には不要ですし、首の後ろの方に Professional とかロゴがあったりしますので…)。ネックストラップの装着の仕方ですが、以前 D5500 に説明書通りに付けたら端っこがぴょっと余って外に出る感じだったのですが、今回 D7500 に説明書通り付けたらいわゆる「ニコン巻き」になっていました。

レリーズは、リモコン ML-L3 だとコイン電池が不安なのと受光部がカメラ本体の前面にあるので、有線のリモートコード MC-DC2 にしました。手持ちの Android タブレットや iPod touch に SnapBridge アプリを入れて遠隔でフォーカスポイントをタッチしてシャッターを切るというのも遊んでみたのですが、やはりまだ少し不安ですね。
予備バッテリーは同梱品と同じ EN-EL15a を買いましたが EN-EL15b という大容量型(充電器も専用のが必要だったかな?)が出たので失敗したかなあ…と思いましたが、これまで撮影途中にバッテリー交換が必要になった経験がないのでお守りとしては十分かと。
あと自己満ポイントとしてアクセサリーシューカバー BS-1N を付けました。

ここまではよかったのですが…テキトーに試し撮りして、カメラ背面液晶画面に表示される写真画像(サムネイル)は、まあちょっと暗いかな?程度だったんですが、PC に(D5500 のときと同手順で)Lightroom で取り込んでみるとすごい暗いのです。感覚で言うと 1.5~2段くらい露光量を上げないと適正露出に見えない状態。最初は jpeg がやや明るくて RAW の画像がすごく暗い感じでしたので初めてニコン純正ビューアソフト(これの動作が糞重い)を入れて表示してみるとあまりおかしな感じがしない…ということでアドビのサポートを受けて PC画面共有しながら Lightroom がおかしいのかな?という結論になってしまいまして、取り込んだデータはすべて露光量を 1.5段くらい上げるような設定にしてたんですが…やっぱそれ変だよと思い直してカメラ背面画面のヒストグラムを表示して右側(明るい方)の 1/3 くらいが地べたを這っていて左側(暗い方)のピークが連続しててっぺんに達している異常事態にやっと気づきました。ニコンに電話して設定を初期化したりレンズを換えたりとかしながら A(絞り優先オート)、P(プログラムオート)、AUTO(自動)の各モードで何枚も撮りましたが、どれもこれもヒストグラムが左側に極端に偏りすぎているということで「初期不良の疑いがある」とニコンの中の人も認めたので、販売店の実店舗に持ち込んでニコンに送ってもらうことになりました。ニコンさんは 3週間くらいかかるかなぁと言われたのでだいたいひと月くらいは戻ってこないのかなあ。そういうわけで現在、D7500 は手元にないのです。まあ敢えてイベントのオフシーズンに買って操作を練習して仕込んでおこうかなという感じでしたのでいいんですけど、いややっぱよくないですよ?





夏の横須賀には SLIK F153 という三脚を持参したのですが、かなりグラグラで1段だけ脚を伸ばして、エレベータもあまり上げられない状態でした。あとでちょっと購入履歴を漁ってみると 2013年1月に 1,549円で買ったやつで、説明書きによると耐荷重は 990グラム…これはいけないと思って三脚も新調しました。

三脚 MACTREM PT55 Papuma

MACTREM の PT55 Papuma という聞いたこともない中共(中華人民共和国)のブランド品なのかな?耐荷重は 3キログラムとも 5キログラムとも書かれていてどっちやねん?と思ったのですが、現物が届いて説明書を眺めても耐荷重とか書いてませんでした…。なんか樹脂製パーツがやたらと多くてやや不安でしたが、立ててみると意外と安定しました。「重力フック」という謎パーツはバッグ等をぶら下げてその重みで安定させるものらしく、実際かなりしっかりと立ってくれるっぽいです。でもあまり重いものをぶら下げたら軽く耐荷重をオーバーしそうなのでほどほどにします。





PCデスクの脇にブラザーの複合機を置いてる台があって、その下に PC用スピーカーに繋いだヤマハの一番安いサイコロ型のサブウーファを置いてたのをデスクの内側に移動して場所を作り、HB-68EM という 68リットルの防湿庫を設置しました。それまではコンデジを半透明樹脂製のドライボックスに、あと 20リットルの小さな防湿庫を AV機器ラックに置いていたのですが、この機会にまとめられたらいいなと思って…。

HOKUTO 防湿庫 HB-68EM (68L タッチスクリーン/LED)

2枚のスライド棚で 3段になっている一番下に温度/湿度計を入れておいて、本体の除湿ユニットの運転を見守っているのですが、本体は 35%と表示されてるのに一番下の湿度計は 44~43%にしかならない…こんなものでしょうかね、除湿ユニットがペルチェ方式の廉価品ではありましたので…。

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

MG ジムスナイパーII 製作 1

MG ジムスナイパーII のアンクルガードの右側(向かって左側)の合わせ目を消したいのですが、検索してみると、多くのモデラーの方々は反対側に左右対称のスジ彫りをしてディティールのひとつとして処理されています。

俺的には今回あちこちスジ彫りしてディティールを追加するわけではないし、何よりアンクルガードのカドのC面のすぐ内側に縦のスジ彫りがあるのは気持ち悪いので合わせ目を消したいと思います。アンクルガード外装のみの後ハメ加工は構造上無理っぽいので、なるべく合わせ目消しと塗装時のマスキングが楽になるよう考えて試してみました。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目

いったん組み立てて左足首を外したところです。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 1

[a-1] まずはオーソドックスに足首側のアンクルガードの軸をハの字に切り飛ばします。

MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 2

[a-2] アンクルガード側の後ろ側のかかとのフレームパーツ E1(12) が邪魔ですので…


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 3

[a-3] くるっと回してアンクルガードの軸受部を露出させます。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 4

[a-4] アンクルガードの軸受部をナイフ等で少々削り取ります。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 5

[a-5] 足首にアンクルガードをパチンとハメます。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 6

[a-6] シリンダのついたフレームパーツをハメて一応完了です。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 7

[b-1] もっと簡単な方法がありました。足首軸 J(8) と アンクルガード軸 J(7) をパチンと外します。


MG ジムスナイパーII アンクルアーマー合わせ目消し後ハメ加工 8

[b-2] 足首の軸にアンクルガード軸をパチンとハメるだけです。あとは [a-6] と同じです。

後ろ側のかかとのフレームパーツやマイナスモールド底部はフレーム色で塗装するのでそこのマスキングは必要ですが、アンクルガード内面のフレームはほとんど見えないのでアンクルガードの色で塗装してしまってもいいかなと思います。


ではまた。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

観てきたのん?

劇場版 のんのんびより ばけーしょん 2週目の入場者プレゼントがよさげであったので滑り込みで行ってきました……が、うつらうつらしてて肝心の内容がほとんど思い出せません。前日からネットで席を取ってワクワクしすぎて眠れなかったほどなのですが……いやたぶんそれが原因ですよ。


劇場版 のんのんびより ばけーしょん パンフレット

入場者プレゼントの すぺしゃるぶっくれっと、パンフ、あと唯一の物販であったロングポスター(全8種)をなんとなく2本だけ、です。しかし好きなアニメの映画で寝ぼけてしまうなんて初めてのことだったのでショックではありました…。




左側のやつ、ボディだけポチっていました。キットレンズは今のやつのと同じだったので。とりあえず当面は手持ちのレンズを使い回すつもりです。明日届く予定なのですが、使用説明書やらガイド本やらをタブレットでダウンロードして読み耽っています。

ニコン D7500 D5500

もうひとつ上のランクのも、これのひとつ前の旧製品も候補にしていたのですが、まあナチュラルに APS-C 中級機の現行製品にしました。今どきレフ機を?と思わないでもありませんが一応フルサイズミラーレスの仕様とか価格とかも見て決めました。これ以上のものを手に入れても気後れしますし、これ以下のものでは買い増す意味がないので。重量も+250グラムということで許容範囲かと思います。実店舗で他機種もグリップしてみてフィーリングで合う方かなとも思いました。

ではまた。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

8月到着分 / AT-X アニメランキング 2018上半期

8月到着分のアニメ BD です。

2018年8月到着分アニメ Blue-ray

2018年冬期(2017年度 第4四半期)アニメは7月分で終了、
2018年春期(2018年度 第1四半期)アニメは、ヒナまつり 全6巻の第3巻とショートアニメの踏切時間が届きました。
のんのんびより の にゃんぱすぼっくす です。単巻 BD とか OAD とか全部あるのになんでこういうのポチるの?

左下のは懲りずに買ったソニー Walkman NW-A47 と、水月雨 (MoonDrop) Liebesleid というインイヤーイヤホンです。やたらと評価が高いので衝動買いしたけど、すごくいいですよこれ。とくに今どき流行りの耳栓みたいなカナルタイプが苦手な人にはオススメです。ちなみに梱包状態では黒いイヤーパッドが付いてましたが、別のイヤホンに付属していた赤いドーナツ状の穴あきイヤーパッドを装着しています。




昨日 9月1日、AT-X アニメランキング 2018上半期の結果が出ました。

なおノミネート作品は 2018年1月1日から同年 6月30日?の期間中にスカパー! Ch.333 AT-X、スカパー!プレミアムサービス Ch.667 AT-X HD!及びケーブルテレビ/ ひかりTVなどの AT-X/ AT-X HD!で放映されたアニメ作品(再放送含む)に限られています。


AT-X アニメランキング 2018上半期

俺が投票したのは よりもい(宇宙よりも遠い場所)ですが、同冬期のゆるキャン△には勝てませんでした…。でも冬期アニメのワンツーフィニッシュが第1位と第2位で、春期アニメのワンツーフィニッシュが第3位と第4位に並んでいて、ちょっと出来過ぎじゃないかとは思います。今夏期アニメは……なんかこれといってとくに抜きん出ている作品がないような気がします。いくつか好きなアニメはあるんだけど評判は悪かったり。

このランキングの中で BD を買っているのが 第1位の ゆるキャン△、第2位の よりもい、第3位の ヒナまつり、第5位の オーバーロードⅡです。あれ?今回は「何故に俺が買ってる○○はランクインしてないのだ!?」て感じにはなりませんでしたね。まあ第7位以下の作品の中に「なんでランクインしてんの?」と首を傾げたくなるタイトルが無いわけではありませんが、そこはそれ、いろいろあっていいんじゃないかと。

ではまた。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

横須賀に行ってきました 2018 その4 艦艇公開篇

8月4日(土)の海上自衛隊 横須賀地方隊サマーフェスタに行きました。事前の告知で一般公開艦は 砕氷艦しらせ となっていて、2016年の横須賀で一度見学したし、今回は朝イチで米海軍のフレンドシップデーに行ってみようかなあと漠然と思っていたら海自の方でも米艦の一般公開アリとの公式ツイートがありました。米海軍フレンドシップデーの地平の彼方までのびる待ち行列を思い起こすと、かなり容易に米艦に上がれる機会なので海自の方に行きました。まあ結論から言うと、米海軍の方に行って空母ロナルド・レーガンの大行列には並ばずに第7艦隊旗艦 揚陸指揮艦ブルーリッジの見学を希望してたら最高に幸せだったなあとは思いますけど。


海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 右舷艦尾より後ろ姿
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

吉倉桟橋にいたのは、DDG-65 ベンフォールド(USS Benfold)、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦 フライトⅠ です。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfoldアメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 左舷艦尾より後ろ姿
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1440)を表示します。

同 ベンフォールド、準備中です。2015年にも同様に海自側で米艦の一般公開ということがありました。そのときは DDG-85 マッキャンベル(USS McCampbell)、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦35番艦 フライトⅡA でした。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド ヘリコプター飛行甲板
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

同 ベンフォールドの飛行甲板です。フライトⅠなので艦載ヘリコプター格納庫はありません。その他 フライトⅠ/Ⅱと フライトⅡA の改良点を挙げると、海自のイージスシステム搭載艦の こんごう型護衛艦 と あたご型護衛艦(及び まや型護衛艦)くらいの違いはあるみたいですが、すべてアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦ということになっています。

左側にある緑がかったガラス張りのところは LSO 発着艦指揮所でしょうか。横に吸気口のルーバーと排気口の煙突ぽいものがありますが、すごく熱そうです。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 後部 Mk41 VLS
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

後部の Mk.41 mod.2 VLS(Vertical Launching System:垂直発射装置)です。8セルを 1セットとして 8セットですが、そのうちの 1セットの 3セル分(元はキャニスター再装填用クレーンの格納スペース)が無いので、8 × 8 - 3 で 61セルになります。

装填されるのは、SM-2 SAM(艦対空ミサイル)、SM-3 ABM(弾道弾迎撃ミサイル)、ESSM(発展型シースパローミサイル)短SAM、VLA SUM(アスロック対潜ミサイル)、トマホーク SLCM(巡航ミサイル)などです。海自のイージス護衛艦と大きく違うのはやはりトマホーク巡航ミサイルが撃てるところですね。『シン・ゴジラ』でも東京駅周辺の高層ビルの誘導爆破を行うためにトマホークを撃っていたのは同級の架空艦 ヒューイ でした。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 艦対艦ミサイル ハープーンSSM発射筒 発射機
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

ハープーン SSM(艦対艦ミサイル)4連装発射筒 × 2基です。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 艦中央部

艦の中央部辺りです。洋上補給装置、スライディングパッドアイに DDG 65 と大きく書かれた黒い布が被せられています。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 艦橋構造物 右舷側通路

艦橋構造物の右舷側通路です。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 前部 Mk41 VLS
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

前部の Mk.41 mod.2 VLS(Vertical Launching System:垂直発射装置)です。8セルを 1セットとして 4セットですが、そのうちの 1セットの 3セル分(元はキャニスター再装填用クレーンの格納スペース)が無いので、8 × 4 - 3 で 29セルになります。
前後部の VLS あわせて計 90セルになります(フライトⅡA では 96セル)。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 艦首甲板 Mk45 mod2 54口径5インチ単装砲 Phalanx CIWS 艦橋構造物
▲ 画像クリックで大きめの画像(1440x1920)を表示します。

艦首甲板の Mk.45 mod.2 54口径 5インチ(127mm)単装砲です。DDG-81 以降は 62口径の mod.4 になります。砲盾は通常型のちょっと丸みのある Mk.63 です。ステルス性に配慮した改良型の Mk.63 mod.1 以降の四角いタイプは海自では あたご型護衛艦 以降の護衛艦に搭載されています。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 艦首甲板 Mk45 mod2 54口径5インチ単装砲 DANGER AREA 旋回半径赤線

同 5インチ単装砲の旋回半径内を示す赤いラインです。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド Phalanx CIWS 艦橋構造物
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

艦橋前の Mk.15 20mm ファランクス CIWS です。DDG-85 以降は後部の 1基のみとなっています。レドーム部のレーダー面以外の両脇等が薄緑色だったり周囲に赤ラインが引かれていたり少しカラフルですね。



海上自衛隊 吉倉桟橋 DDG-65 USS Benfold アメリカ海軍 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦15番艦ベンフォールド 上部構造物後方
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

艦を降りて上部構造物を艦尾側から撮ったところです。



海上自衛隊 逸見岸壁 南極観測船 AGB-5003 砕氷艦しらせ DD-110 たかなみ型護衛艦1番艦たかなみ TV-3518 しまゆき型練習艦3番艦せとゆき 右舷後方艦尾 自衛艦旗 旭日旗
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

逸見岸壁、AGB-5003 砕氷艦しらせ、DD-110 たかなみ型護衛艦1番艦たかなみ、TV-3518 しまゆき型練習艦3番艦せとゆき の艦尾部を撮ったところです。



海上自衛隊 逸見岸壁 南極観測船 AGB-5003 砕氷艦しらせ DD-110 たかなみ型護衛艦1番艦たかなみ TV-3518 しまゆき型練習艦3番艦せとゆき 正面
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

同 3隻を正面から撮ったところです。写真右側の吉倉桟橋に先程の DDG-65 ベンフォールド がいます(この日夜間撮影に来たときには帰っていました)。



東京晴海埠頭 晴海ふ頭 HMS Albion イギリス海軍 英海軍 ドック型輸送揚陸艦 L14 アルビオン
▲ 画像クリックで大きめの画像(1920x1280)を表示します。

オマケ。8月5日(日)10時便の軍港めぐりが終わって横浜在住の某氏と合流し、晴海埠頭で一般公開中のイギリス海軍 ドック型揚陸艦 アルビオン の見学をしました。前日からの好感触なツイートが多かったせいかとても人出が多く、またかなり疲れてきたので内部はほとんど撮影していませんでした。

ではまた。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イヴュマー

Author:イヴュマー
現状はガンプラ万年ビギナー。
目標は完成品を増やすことと、
脱ビギナーを果たすことです。
アニメ観たり軍艦を撮ったり、
楽しい誘惑は多いですけどね。

ブログ内フォトプレビュー
過去作品 スライドショー
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
記事一覧

記事タイトル一覧を表示

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
ノースペシメン (旧ホームページ)
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2プロフ